ワッツ コンサルティングは経営コンサルティングと
マーケティングコンサルティングサービスの会社です。


企業を成功に導くのは、事業戦略、マーケティング戦略だと思います。
私たちは「戦略とは、企業がお客様の期待に応えるため、
自身の長所を活かし、変化に立ち向かう決意」だと考えています。
そんなお客様企業のため私たちは
明快な方法論と豊富な経験、
暖かいハートを持ってお手伝いいたします。

upper heavy line

今月の一言



『創造する経営者』ダイヤモンド社 ドラッカー名著集6 P.F.ドラッカー著 上田惇生訳



代表・高橋の一言

今月の一言は『創造する経営者』(P.Fドラッカー)の一節から引用させていただきました。本書は、ドラッカー先生自身が「今日、『事業戦略』と呼ばれるものについての世界最初の本」といわれるものであり、「ドラッカー経営学の三大古典の一つ」(訳者あとがき:上田惇生)と言われています。この11月より、sigoto_design_labのブログに、新しいカテゴリー『少子高齢化時代の施設介護・私たちにできること』をつくり、記事を書き始めました。その初めにあたり、指針とするにふさわしい言葉を探した結果、この言葉になりました。

出生率の急増や急減は、一定のタイムラグをおいて社会に大きな影響を与えます。出生率の変化は、その20年後に労働人口に影響を及ぼし、さらに40年後には介護市場の拡大や縮小に影響を及ぼします。少子高齢化のスピードが世界一の日本で、今、この事業に携わる方の多くが、人手不足に苦しんでいます。その現場では、いろいろと起こる問題に直面して葛藤し、これまで大事にしてきた仕事の仕方や、蓄積してきた知見が試されていると感じています。しかし、本当に高齢者人口がピークを迎えるのは、まだまだこれから、今から20年後なのです。

「少子高齢化(の影響)の本格到来に備え何をすべきか、そこにはどんな視点が必要か」が、このブログのカテゴリーのテーマです。私たちは施設介護事業の生産性向上に取り組んできた立場で、このテーマを扱ってみたいと思いました。大それた考えですね。冷や汗ものです。できれば、関係者の皆様と議論を深め一緒に進めたいと思います。

さて、何事も独断にならないようにするには、師匠とすべき存在が不可欠です。ドラッカー先生の一言は、何か新しいことを始めるときに、指針となり、勇気をいただくことができます。

down heavy line
chapter information
■ 2014年01月 新会社 IT介護マネジメント株式会社を立ち上げました。
■ 2012年11月 三陸漁業振興支援のページを立ち上げました。
■ 2011年08月 sigoto_design_labのアップをお知らせするメルマガの配信を開始しました。
■ 2011年06月 社長ブログsigoto_design_labを開始しました。
■ 2011年06月 サイトリニューアル
■ 2020年04月 事務所を東池袋に転居しました。

chapter consulting consulting image


chapter QR code

社長ブログへはこちらを
読み取ってアクセス

社長ブログ更新のお知らせ
メールの登録はこちら

社長ブログへアクセス 社超ブログ更新のお知らせメール登録